泌尿器科以外でも手術可能!

包茎の相談は泌尿器科で行うというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
包茎と一言で言っても、真性とカントンと仮性包茎と大きく分けると3つのタイプがあります。
そのうち出来れば早い段階で手術をしたいのがカントンと真性タイプですが、仮性包茎の場合は必ずしも手術で解決をしなくても良いというケースも有ります。

極論から言いますと、仮性包茎の手術で解決する方法は、見た目であったりニオイの問題などがあるためで、必ず受けなければならないものではありません。
そのため他の二つの方法が泌尿器科で保険適用で手術可能という事と比べると、保険も適用されませんし解決するためには費用もそれなりにかかるということがネックとなることもあるでしょう。

しかしクリニックで行う仮性包茎の手術は、多くの方がその手術をしたことによって問題青解決できたという事で口コミでも高評価されていますし、受ける価値はきっとあるでしょう。

より高度なテクニックがあるクリニックの方がお勧め!

仮性包茎を解決するには、手術を行う事が求められます。
自分の努力ではどうにもならないことですが、専門クリニックであればその方その方に合わせたアプローチ方法がありますので、安心して任せることが出来ます。

仮性包茎にも色々な状態がありますし、泌尿器科で行うような方法ですと傷跡も目だったり色がコントラストになってしまうデメリットも有ります。
その点専門クリニックであれば仕上がりも綺麗にしてもらえますので、傷跡も目立たず色も自然に仕上がりますので安心です。

仮性包茎の手術はクリニックで行いますと保険も適用されませんし自由診療になりますので、少し価格にばらつきが出る事も想定されます。
しかし安いという理由だけでクリニックを選んでしまいますと、失敗してしまう可能性もありますし要注意です。
出来れば数件のクリニックでカウンセリングを受けて見積もりも出してもらい、その中でベストな所を選ぶのが理想です。

まとめ

仮性包茎の手術というと、なんとなく場所も場所ですし痛そうだし勇気がいると思っている男性は多いでしょう。
しかし専門クリニックで行う手術は、麻酔もしっかりしていますし手術中の痛みはほぼありません。
痛み止めも処方してもらえますので、術後も我慢できないような痛みではないでしょう。
体験談などを見ると分かります。

多くの方が手術を行ってよかったと寄せていますし、カウンセリングをいくつかで受けて専門クリニックの中から選ぶ事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。